おすすめ記事
スポンサーリンク

 

1983年、ボードゲームブームの初頭に発売された「スコットランドヤード」。

名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、あなたはプレイしたことがありますか?

スコットランドヤードは、紛れもなくプレイするに値する名作です。

 

この記事では、そんな「スコットランドヤード」のルールや遊び方、魅力をご紹介します。

プレイしたことがない方は、この記事を読んで、遊んでみてください。

是非、自分の目で、歴史的名作と言われるゲームの完成度を体感してみましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スコットランドヤードとはどんなゲーム!?

簡単にポイントを紹介

怪盗であるMr.X(1人)と警察チーム(残り全員)に分かれ、逃げ回るMr.Xを警察チームが捕まえるゲームです。

「スコットランドヤード」とは、イギリスの首都ロンドンを管轄する警察組織の俗称であり、

ロンドンを舞台に、Mr.X v.s. 警察チームの追い掛けっこが繰り広げられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Piere the Boardgamerさん(@papa_piere)がシェアした投稿 -

スコットランドヤードが発売されたのは、1983年。まさにボードゲームブームの幕開けの頃です。

1人対多数という構図、視線を隠すバイザー、ダブルムーブチケット・ブラックチケットと言った特別アイテムなど、これまでのボードゲームになかった革新的なアイデアが詰まっており、現代ボードゲームの歴史の始まりとも言えます。

斬新なゲームでありながら、子どもでも楽しめる、わかりやすいルールに仕上がっているのが特徴です。

 

基本情報

原題:Scotland Yard 作者:Ravensburger Team 発売年:1983年
時間:45分 年齢:10歳~

 

ゲームのジャンル 推理、強力型、ブラフ、心理戦
運要素
低い。推理力、ブラフ力勝負。
ルールの難易度
簡単

 

受賞歴

・1983年 ドイツ年間ゲーム大賞 大賞受賞

 

拡張・シリーズ

・スコットランドヤード:東京

・スコットランドヤード カードゲーム

・スコットランドヤード・ジュニア

 

スポンサーリンク

スコットランドヤードのルール・遊び方

目的と勝利条件

Mr.X(1人)と警察チーム(残り全員)に分かれて遊びます。

警察は、Mr.Xを捕まえること、Mr.Xは警察に捕まらないように逃げることを目的とします。

24ターンの間に、Mr.Xは、警察から逃げ切れば勝利、警察側は、Mr.Xを捕まえれば勝利となります。

勝利条件
Mr.X・・・警察から24ターンの間、逃げ切る
警察・・・24ターン以内にMr.Xを捕まえる

 

ルール

全プレイヤーは、タクシー、バス、地下鉄を使って移動します。

ボード上の各マスには、使える移動手段が色で記されています。

赤:地下鉄・・・線路に沿って、次の駅まで移動する
青:バス・・・線路に沿って、次の駅まで移動する
白:タクシー(東京版では黄色)・・・隣接するマスに1マスだけ移動
地下鉄とバスは、一度で大きな距離を進めますが、進める先が限られているのに対し、タクシーはどこへでもいけますが、進めるのは1マスだけです。

この投稿をInstagramで見る

 

ボードゲーム記録さん(@bgkiroku)がシェアした投稿 -

また、移動の際は、各移動手段に応じたチケットを使用します。

 

警察側の移動

警察側は、全員でチケットを共有します。チケットがなくなるとその移動手段は使えなくなります。

初めに配られるチケットの枚数は、下記のとおりです。

  • 地下鉄チケット:4枚
  • バスチケット:8枚
  • タクシーチケット:11枚

 

Mr.Xの移動

一方、Mr.Xは、好きなだけチケットを使うことができます。

さらに、ダブルムーブチケット・ブラックチケットという強力な特別なチケットももらえます。

Mr.Xは人数的に不利なので、警察を撒くような手段をもらえるというわけです。

Mr.X専用の特別チケット
ダブルムーブチケット:2回連続で移動することができるチケット。(2枚)
ブラックチケット:どの移動手段で移動したかを分からなくするチケット。Mr.X専用のフェリーも使える。(5枚)

 

また、Mr.Xは、プレイ中、バイザー(帽子)を用いて視線を隠しましょう。

視線がバレると、普通に居場所が特定されかねないので、要注意です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ら〜しょんさん(@miura0213)がシェアした投稿 -

 

ゲームの流れ

ゲームは下記のように、ターンを繰り返して行われます。

 

ターンの流れ
  1. Mr.Xが移動する
  2. 警察が移動する
  3. 特定のラウンドで、Mr.Xの位置がわかる

※これを22~24ラウンド分繰り返す。(警察側のチケットがなくなったら終了)

 

1. Mr.Xの移動

Mr.Xは、どの移動手段を使用してもOKです。

Mr.Xは、毎ターン移動するごとに、ボードに記録を残していきます。

通ったルートの番号を紙に記載し、その上に、移動手段のパネルをはめ込みます。

このボードは、警察側への公開情報となります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YuOgataさん(@art_attack_365)がシェアした投稿 -

2. 警察の移動

Mr.Xの視線や挙動、移動手段を手がかりにして行き先を推理します。話し合ってOKです。

推理したら各プレイヤーごとに移動手段を選択し、移動します。

 

3. Mr.Xの位置が判明

3、8、13、18、24ターン目(ボード上の丸がついているターン)では、移動終了時にMr.Xの位置が公開されます。

Mr.Xは、そのターンでの居場所に透明なコマを置きます。

 

4. ゲームの決着

Mr.Xは、警察が自分がいるマスに止まった場合は、正直に言わなければなりません。

24ターンの間、逃げ切れればMr.Xの勝ち、途中で捕まれば警察側の勝ちとなります。

 

スポンサーリンク

スコットランドヤードの魅力、おすすめポイント

Mr.Xのハラハラ感

スコットランドヤードの一番の魅力はやはり、Mr.Xになったときの緊張感です。

周りが全員敵なので孤独を感じますが、その分、警察を欺いたときの喜びはひとしおです。

 

また、Mr.Xには、ダブルムーブチケットとブラックチケットという特権が与えられています。

これらを使いこなせるかどうかはMr.Xの手腕にかかっています。

是非一回は、Mr.X側をプレイしてみましょう!

 

警察側のチームワーク

警察側は、人数が多く、相談できるのがポイントです。

仲間がいて相談できるというのは、頼もしいものです。

初心者や初めてプレイする方でも、一回警察側を経験すれば、すぐにゲームのルールを理解できるでしょう。

 

歴史的名作「スコットランドヤード」で遊んでみよう!

今回は、現代ボードゲームの歴史のスタート地点とも言える「スコットランドヤード」のルールや魅力をお伝えしました。

歴史的名作と言われているだけあって、誰もが楽しめる素晴らしい作品です。

是非プレイしてみて、当時のゲームの完成度を体感してもらえればと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告