おすすめ記事
スポンサーリンク

 

論理パズルゲーム「タギロン」を知っていますか?

タギロン(TAGIRON)は、日本で生まれた論理パズル型のボードゲームです。

サクッと終わり、頭をフル回転させる満足感を味わえるタギロンは、今人気急上昇中のボードゲームです。

 

今回は、論理パズルゲーム「タギロン」の魅力を紹介し、タギロンを攻略するための5つの鉄則を徹底解説します!

これを読めば、勝利に大きく近づけるはずです。じっくり読んでみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タギロンの概要と魅力とは!?

まずは、タギロンがどのようなゲームなのかを紹介します。

 

ポイント
  • 「タギロン」は、相手の5つのパネルに書かれた色と数字を推理する論理パズルゲームです
  • 場に出ている質問カードを使いながら、相手のパネルのヒントを得ていきます。
  • 質問カードは公開されているので、自分のパネルが予測されやすい質問を自分で使うなど、単に推理するだけではなく、戦略的に行動することも重要です。
  • ハッタリやブラフ要素はないため、お子さんの論理的思考のトレーニング頭の体操にも最適です。

     

    タギロンは、2017年に、日本人ボードゲームデザイナー「倉橋良平」氏によって作られた論理パズル型のボードゲームです。

    この投稿をInstagramで見る

     

    かりえってぃさん(@carie_tty)がシェアした投稿 -

     

    紙とメモを使って、論理的に相手のパネルを推測していくのが特徴。

    ルールがわかりやすく、インストを入れても30分あれば十分に終わるため、何度も繰り返してプレイしたくなります。

     

    この投稿をInstagramで見る

     

    Tomo01さん(@tomo01_10omot)がシェアした投稿 -

     

    運要素はなく、論理的に行うボードゲームで、脳を鍛えるトレーニングにもなります。

    質問を繰り返して、相手のパネルを特定していく楽しさが快感のゲームです。

     

    新装版では、黄色いパッケージになりました。

    この投稿をInstagramで見る

     

    ISOG_board_gamesさん(@isog_board_games)がシェアした投稿 -

     

    原題:タギロン TAGIRON 作者:倉橋良平 発売年:2017年
    時間:15分 年齢:8歳~

     

    スポンサーリンク

    タギロンを攻略するための5つの鉄則

    ここからは、タギロンを攻略するための鉄則を解説していきます。

    基本的に2人プレイを想定していますので、ご了承ください。

     

    1数字パネルの内訳を把握する

    タギロンで使用する数字パネルは全20枚です。まずは、このパネルの内訳を把握することが必須です。

     

    この投稿をInstagramで見る

     

    Kato_Y (ボードゲームとか)さん(@kyoro888c)がシェアした投稿 -

    0 1 2 3 4 6 7 8 9
    0 1 2 3 4 6 7 8 9
    緑(新装版では黄色) 5 5

    ポイント

    • 5は緑にしかない。5⇒緑、緑⇒5という絶対的な関係。
    • 基本は、同じパネルは無い。(緑の5だけは2枚ある)
    • 自分が持っているパネルは、相手が持っているか未使用。相手所有が5枚、未使用が10枚のため、使われていない確率のほうが高い

     

    2共有情報カードは相手に取らせる

    質問カードの中に、「共有情報カード」という種類のものが入っています。

    「共有情報カード」は、自分も相手も情報を公開しなければなりません。

    この投稿をInstagramで見る

     

    @golgoxiiiがシェアした投稿 -

    貴重な質問の機会が減るので、なるべく自分で取らないようにしましょう。相手が取ってくれれば儲けものです。

     

    ゲーム終盤にその情報が分かれば、相手のパネルが特定できる場合はとっても良いと思います。

     

    3強力な質問カードを優先して取る

    質問カードにも強弱があります。強力な質問カードを優先して選ぶようにしましょう。

    例えば、強力な質問カードは下記のようなものです。

    • 特定の色のパネルの数を聞くもの
    • 特定の色の合計数を聞くもの
    • 奇数(偶数)の枚数を聞くもの
    • 5(緑)はどこか聞くもの

     

    合計値とパネル数が分かれば、パネルの特定に繋がりますよね。

     

    4自分のパネルがバレやすい質問カードは、自分で取る

    自分にとって不利な質問カードは、自分で取って処理しましょう。

    不利な質問カードとは、例えば、以下のようなケースです。

    • 5枚中4枚が赤だった場合 ⇒ 赤のパネルの枚数、青のパネルの枚数、合計値を聞かれると危険
    • 4、5、6、7、8と連続していた場合 ⇒ 数が連続しているのがどこか聞かれると危険

     

    また、相手が慣れている人の場合、とった質問カードからも推測される可能性があるため、さり気なく取りましょう。

     

    5相手に余計なヒントを与えない

    意外と見落としがちですが、タギロンでは、些細なことが、パネルを特定する重大なヒントになり得ます。

    相手が質問カードを取ったときのリアクションや回答の仕方にも注意が必要です。

     

    例えば、回答時に、数え間違えて、言い直すというミスも相手にとってヒントとなります。冷静に回答するようにしましょう。

    あるいは、質問カードを選ぶ時、「これは意味ないな・・・」などの些細な独り言も特定につながります。

     

    逆に言えば、質問カード以外にも、色々なところにヒントが落ちているので、相手の仕草に注意するものテクニックの一つです。

     

    スポンサーリンク

    やってはいけない!NGな戦術

    1思いつきで質問する

    タギロンでは、論理的に、相手のパネルを推測するところに面白さがあります。

    思いつきで質問すると、効率が悪かったり、重複する質問をして手番が無駄になったり、と良いことがありません。

     

    この質問をして、この回答だったら、相手のパネルはこの可能性が高い・・・

    など、理論立ててプレイすることが重要です。

     

    2質問した内容と答えを忘れる

    もはや当たり前ですが、質問の答は、メモして覚えておきましょう。

    答えを忘れて、同じような質問をするなど論外です。

     

    また、答えを覚えていても、何を質問したかは、意外と忘れがちです。

    質問と答えをセットで覚えるように心がけましょう。

     

     

    タギロンで勝利しよう!

    今回は、2人対戦用論理パズル「タギロン」の紹介と、攻略法を解説しました。

    是非、友達とプレイしてみてくださいね。

    勝利につながることを祈っています。

     

    攻略のための鉄則

    1. 数字パネルの内訳を把握する
    2. 共有情報カードは相手に取らせる
    3. 強力な質問カードを優先して取る
    4. 自分のパネルがバレやすい質問カードは、自分で取る
    5. 相手に余計なヒントを与えない

     

    【これはやらないように注意!】

    1. 思いつきで質問する
    2. 質問した内容と答えを忘れる

     

     

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    広告