おすすめ記事
スポンサーリンク
ポイント

・バトルラインは、1〜10の数字カードの組み合わせで役を作って戦う2人専用のゲームです。

とても簡単なルールで、事前準備もなく、すぐに始められます

・簡単なルールとは裏腹に、とても奥が深く、ボードゲームの醍醐味を十二分に味わえる名作です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

基本情報

ゲーム関連

  • 人数:2
  • プレイ時間:30分
  • ルール難易度:簡単〜普通
  • ゲームのジャンル:ブラフ、心理戦、戦術系
  • 運要素:低
  • ルールの難しさ:普通

作品情報

原題:Die Siedler von Catan
作者:ライナー・クニツィア
発売時期:2000年
参考価格:2,760円
受賞歴:なし

スポンサーリンク

ゲーム概要

バトルラインは、1〜10の数字カードの組み合わせで役を作って戦うゲームです。

プレイヤーは、9箇所ある戦場のそれぞれで役を作り、9箇所の内、5箇所あるいは連続する3箇所を先に取ることを目指します。

 

両プレーヤーの間に9個のマーカーを置き、よく混ぜた手札を6枚ずつ持ってゲーム開始です。
手順ごとに1枚ずつマーカーの自分側にカードを配置します。
双方1個のマーカーに付き3枚の手札を並べ、強いほうがマーカーを獲得します。
片方が3枚を並べ終えたら、相手方が並べ終わっていなくても「相手が自分に絶対に勝てない」と証明する事によりマーカーを確保する事が出来、この証明がゲームの戦略性を高めています。
また通常のカードに加え、戦術カードという特殊カードがあり、役を無効にしたり、4枚で競う事を強要したり、これもゲーム戦略に彩を添えています。
集中的な知力を要求されるため「2人用の傑作ゲーム」と呼ばれています。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

1. 各プレイヤーの手番

プレイヤーの手番では、以下のことを行います。

  • 9個あるフラッグのうち、どこか1つの前にカード1枚をセットする。
  • 山札からカードを引く。

これを繰り返し、各フラッグの前に、最大3枚のカードを配置し、役を作っていきます。

役は全部で5種類!

バトルラインでは、5つの役があります。

上から順番に強い役になります。

  • ウェッジ    :3枚が同色で、連番。
  • ファランクス  :3枚が同数。色は問わない。
  • バタリオン   :3枚が同色。数字は問わない。
  • スカーミッシャー:3枚が連番。色は問わない。
  • ホスト     :上記以外の組み合わせ。

同じ役の場合は、数字の合計値が大きいほうが強いというルールがあります。

すなわち、「同じ色で10,9,8」 が最強となります。

ウェッジはポーカーで言うところの、ストレートフラッシュでしょうか。

役は、ポーカーと似ているので、とっつきやすそうですね。

戦術カードを使いこなせ!

バトルラインには、数字カードに加え、戦術カードという、強力な効果を持つ特殊カードがあります。

かなり強力な効果を持っているので、使いこなしたいところです。

いくつか紹介します。

「アレキサンダー/ダリウス」

好きな色・数字の兵士カードとして使うことができる。

いわゆる、ワイルドカードです。どんな数にもなるので、確実に勝利したい場面で使用したいですね。

「霧」

霧が配置されたフラッグはカードの合計値での勝負となる。

決まりかけた勝負を覆す番狂わせカード。相手が、低い数のウェッジを作っている箇所で使いたいですね!

非常に強い戦術カードですが、相手の使った枚数+1枚までしか使うことができないという制限があります。ここぞというときに使いましょう。

2. ゲームの終了条件

どちらかのプレイヤーが、9つあるフラッグのうち、5つあるいは連続する3つを取ったら終了です。

そのプレイヤーが勝利となります。

おすすめポイント

簡単ですぐに始められるのに奥が深い!

バトルラインは、ルールがとても簡単でわかりやすいです。また、準備もすぐに終わるため、事前の説明はそこそこにすぐに始めることができます。

なのに、一旦始めると、とても奥が深く、ボードゲームの醍醐味を十二分に味わえる名作です。

 

どこで勝負をするかが鍵

全ての戦場で勝利するのは難しいですし、その必要はありません。

どこの戦場で勝ちたいのかを明確にし、そこに戦力を集中させましょう!

相手との駆け引きの中で、勝利を手にしましょう。

ポイント

・バトルラインは、1〜10の数字カードの組み合わせで役を作って戦う2人専用のゲームです。

とても簡単なルールで、事前準備もなく、すぐに始められます

・簡単なルールとは裏腹に、とても奥が深く、ボードゲームの醍醐味を十二分に味わえる名作です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告