おすすめ記事
ステロイドは、ドミニオンで一番最初に覚えるべき基本戦術です。
今回は、「ステロイド」戦術について解説します。
ドミニオンの初心者が最速で中級者になるためには、避けて通れない内容です。
今後のドミニオンライフのベースになるはずなので、まずはきっちりとステロイドを覚えましょう。
ドミニオン初心者が上達するための全体的な知識は、以下の記事にまとめていますので、合わせて読んでみて下さい。
ステロイド戦術とは、金量重視の戦略やデッキのことを意味します。
よく省略して「ステロ」と呼ばれます。
ステロイドは、属州を多く集めたプレイヤーが勝利のドミニオンにおいて、最も基本となる戦術です。
銀貨や金貨を中心に集め、アクションカードは必要最低限の枚数しか入れません。
財宝カードの比率を高め、コンスタントに属州を買い集めます。
スピードを活かし、先行逃げ切りするのが基本的なスタンスです。

ステロイド戦術の特徴

ステロイド戦術のメリット

ステロイド スピードが早い

ステロイドのメリットは主に以下の3つです。
  • 属州を購入するまでが早い
  • デッキ構築が容易
  • 初心者にもわかりやすい
まず、ステロイドの最も大きなメリットは「属州を購入するまでが早い」ことです。
うまく回れば14ターンで属州4枚を購入できるくらいのスピードです。
コンボ系のデッキが追いつけないスピードで、勝利を決めるだけの属州を購入しましょう。
次に、「デッキ構築が容易」というのもメリットです。
ステロイドでは、使用するカードの種類はさほど多くありません。
基本的には、ドロー系やコインを生む系のアクションカードと財宝カードくらいです。
そのため、他プレイヤーとパーツを取り合うことも少なく、比較的簡単にデッキ構築が可能です。
また、「初心者にもわかりやすい」というのもメリットの一つです。
ステロイドは、ゲーム中の立回りがわかりやすいので、あまり迷うことなく、戦うことができます。
以上の3つがステロイドのメリットです。

ステロイド戦術のデメリット

ステロイド戦術にはデメリットもあります。

どんな短所があるのかを理解しておきましょう。

主なデメリットは、以下のとおりです。
  • アタックカードに弱い
  • 勝利点を購入することで失速する

アタックカードに弱い!

まず、ステロイド戦術は、アタックカードに弱いということを頭に入れる必要があります。
具体的には、まず、呪いを配るカードに弱いです。
理由は、手札が圧迫され、8金に到達しにくくなるためです。
「-1点」も痛いのですが、それ以上に、手札に財宝カードが来にくくなるのが何より痛いです。
また、「民兵」に代表される手札を減らすアタックカードにも非常に弱いです。
手札を減らす系のカードは、「ハンデス」と呼ばれるのですが、このハンデス系がある時、ステロ戦術は大きな影響を受けます。
理由は、呪いの時と同じで、手札の枚数が減ることにより、金量が不足するためです。
この様にステロイドは、限られたアタックカードに弱いため、「堀」などのリアクションカードがほしいです。

勝利点を購入することで失速する!

ステロイド戦術の2つ目のデメリットは、「勝利点を購入することで失速する」ことです。

ステロイドは、1枚目の属州に到達するスピードは非常に早いですが、属州を購入し続けるのが難しいという欠点があります。

これは、購入した勝利点が手札に入ってくることで、手札が圧迫され、金量が落ちるためです。

 

このため、ステロイドは先行逃げ切り型であり、長期戦には向きません

コンボデッキに逆転される前に、半数以上の属州を購入できるように立回りましょう。

 

ちなみに「パトロール」など、デッキ内の勝利点や呪いを手札に加えたり、取り除く効果のカードを使用するとデメリットを小さくすることができるので、覚えておきたいです。
詳細は、ステロデッキの組み方の項目で解説します。

ステロイドでいくかどうかの判断ポイント

ステロイドのメリット

ここまでステロイド戦術のメリット、デメリットを解説しました。
ここで、ステロイド戦術を採用するかどうかを判断するポイントを解説します。
ステロイド戦術を採用するべきゲームは、上述のメリットが大きく、デメリットが小さいサプライです。
具体的には、以下のようなサプライです。
  • ドロー系やコインを生む系の相性の良いカードがある
  • 呪いをばらまいたり、手札を減らすアタックカードがない
  • 堀などのリアクションにより、アタックカードを弱体化できる
  • 購入を増やすことができない
ステロイド戦術でいこうと考えている時は、サプライにあるカードでできそうなコンボデッキを考えてみて、逆転されなさそうかを考える必要があります。
相性の良いカードや気をつけたいカードは、次の「ステロイドデッキの組み方」の項目で具体的に紹介します。
ここでは、「購入を増やすことができない」というポイントを解説します。

購入プラスがないサプライはステロのチャンス!

ステロ戦術にとって、購入が増やせないことは大きなメリットとして働きます。

基本的にステロイドは最速で8金出して、1枚ずつ属州を購入するプレイングのため、購入権を増やす必要がありません

一方、引き切りなどのコンボでは1ターンで金量を爆発させて、複数枚の属州を同時に購入することで、逆転を狙ってきます。

購入プラスができない場では、引切デッキやコンボは追い上げしにくいため、ステロイドを検討しましょう。

 

スポンサーリンク

ステロイドデッキの組み方

ステロイドと相性の良い

ここからは、ステロイドデッキの組み方として、相性の良いカード、気をつけたいカードを紹介します。
ここで紹介しているカードがサプライにあるかを、開始時のサプライチェックでしっかりと確認しましょう。
サプライチェックのポイントと具体的なやり方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

ステロイドと相性の良いカード

ステロイド戦術と相性の良いカードは主に、「ドロー系」「金量を生む系」のカードです。
また、一部「廃棄・変換系」のカードも役に立ちます。
具体的なカードを紹介していきます。

ドロー系

ステロイドは、ドロー系のカードと相性が良いです。
特に、ドロー枚数が多いカードや、山札を掘り進めるカード、次のターンの手札を操作できるカードは優先してデッキに加えたいです。
代表的なカードを紹介します。
中庭(陰謀)

中庭

コスト 2 種別 アクション
効果 +3カードを引く
あなたの手札からカード1枚を選び、あなたの山札の一番上に置く。
解説 1枚山札に戻せるのはメリット。余った財宝カードや重複したアクションカードを戻したい。

 

パトロール(陰謀)

パトロール

コスト 5 種別 アクション
効果 +3 カードを引く
デッキの上からカードを4枚公開する。
その中の勝利点カードと「呪い」カードを全て手札に加え、残りを好きな順番で山札の上に戻す。
解説 ドロー枚数が多いのに加え、勝利点・呪いを回収できるのが素晴らしい。次のターンの財宝カード密度を高めるため、ステロのスピードをさらに加速するカード。

 

保管庫(繁栄)

保管庫

コスト 5 種別 アクション
効果 +2カードを引く
好きな枚数のカードを捨て札にする。
捨て札にしたカード1枚につき+1コイン。
他のプレイヤーは全員、カード2枚を捨て札にしてもよい。そうした場合、そのプレイヤーはカード1枚を引く。
解説 ステロのためにあるようなカード。金貨や属州がいとも簡単に買えるようになる。ゲーム展開が非常に早くなり、このカードが有る場ではステロに行かないと負けるレベル。

 

大使館(異郷)

大使館

コスト 5 種別 アクション
効果 +5カードを引く
カード3枚を捨て札にする。
このカードを獲得するとき、他のプレイヤーは全員、銀貨1枚を獲得する。
解説 5ドローという驚異のドロー力でデッキの回転を加速する。大使館がある場で、相手がコンボに行けば儲けもの。

 

神託(異郷)

神託

コスト 3 種別 アクション-アタック
効果 各プレイヤー(あなたを含む)は、自分のデッキの上から2枚を公開し、次のうち1つをあなたが選ぶ:「公開した2枚とも捨て札にする。」;「自分の好きな順番で自分のデッキの上に戻す。」
+2カードを引く
解説 勝利点が含まれていれば即捨て札にするのはもちろんのこと、銅貨でも捨札にしたい。序盤から終盤まで大いに機能する。

 

借り入れ(冒険)

借り入れ

コスト 0 種別 イベント
効果 +1カードを購入
ターンに1度だけ:あなたのデッキの上に-1カードトークンが無い場合、
デッキの上に-1カードトークンを置き、+1コイン。
解説 金貨や属州を買いやすくなるイベント。5金病や7金病に悩まされないので無駄がなくなり、ゲーム展開が早くなる。

 

他にも使えるドロー系はいっぱい

鍛冶屋、議事堂、船着き場、魔女、拷問人、幽霊船、大衆、よろずや、辺境伯、地下墓所、熟練工、道具、公使、雇人

など

※魔女や拷問人、幽霊船などはアタック効果に目が行きがちですが、ドロー効果も強いので、ステロデッキでも入れたほうが良いでしょう。

金量を生む系

ステロイド戦術は、金量を生む系のカードとも相性が良いです。
金量を生むというのは、金貨などの財宝カードを獲得できる、仮想コインが得られる、コイントークンが得られるなどのカードです。
代表的なカードを紹介します。
肉屋(ギルド)
肉屋
コスト 5 種別 アクション
効果 コイントークン2枚を得る。あなたの手札からカード1枚を廃棄し、その後、好きな枚数のコイントークンを支払ってもよい。
あなたが手札のカード1枚を廃棄していた場合、廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの枚数を加えた数までのコストのカード1枚を獲得する。
解説 コイントークンを得られるのが強いだけでなく、金貨などのカードを廃棄して属州を獲得することもできる。属州を廃棄して属州を獲得するのも試合展開を早め、非常に強力。

 

商人ギルド(ギルド)

商人ギルド

コスト 5 種別 アクション
効果 +1カードを購入
+1コイン
このカードが場に出ている間、カード1枚を購入するとき、コイントークン1枚を得る。
解説 自分自身の+1購入により、2枚ずつコイントークンを獲得できる。公領の購入はもちろん、銅貨の購入も行い、フル稼働させたい。

 

ゴミあさり(暗黒時代)

ゴミあさり

コスト 4 種別 アクション
効果 +2コイン
あなたのデッキをあなたの捨て札に置いてもよい。あなたの捨て札のカードすべてを見て、その中の1枚をあなたのデッキの一番上に置く。
解説 仮想コインを生むのに加え、必要なカードのサーチもでき、次のターンの事故防止に非常に役に立つ。

 

商船(海辺)

商船

コスト 5 種別 アクション-持続
効果 現在とあなたの次のターンの開始時に、+2コイン
解説 シンプルながら、2ターンにわたり合計4コインを生んでくれる良カード。2ターン目は手札の圧迫もなく、アクションも使用しない点が良い。
坑道(異郷)

坑道

コスト 3 種別 勝利点ーリアクション
効果 2勝利点
このカードをクリーンアップフェイズ以外の場面で捨て札にするとき、このカードを公開してもよい。そうした場合、金貨1枚を獲得する。
解説 倉庫や保管庫など、自分から捨て札にできるカードを合わせて、大量に金貨を獲得したい。また、民兵などのハンデス系対策として非常に有効。
元手(帝国)
コスト 5 種別 財宝
効果 6コイン
+1カードを購入
このカードを場から捨て札にするとき、6負債トークンを受け取り、その後負債トークンの返済をしてもよい。
解説 金量の先取りができるカード。トータルでは増えていないのだが、金量を偏らせることで、金貨や属州に到達できるため有効なカード。
香辛料(ルネサンス)

香辛料

コスト 5 種別 財宝
効果 2コイン
+1カードを購入
このカードを獲得するとき、+2コイントークン。
解説 銀貨購入時に2金余分に払って、コイントークンに変えるイメージのカード。コイントークンはステロイドで非常に有効に機能するため、かなり使える。ひたすら買うだけで強いステロができる。

参考:それ以外の相性の良いカード

遺物(冒険)

遺物

コスト 5 種別 財宝-アタック
効果 2コイン
あなたがこのカードを使用するとき、他のプレイヤーは全員、自分のー1カードトークンを自分のデッキの上に置く。
解説 アタック機能を持った珍しい財宝カード。アクションを使用せず相手の邪魔をできるため、ステロイド戦術にも取り入れやすい。序盤、金貨に届かない際に購入したい。
執事(陰謀)

執事

コスト 3 種別 アクション
効果 次のうち1つを選ぶ:「+2カードを引く」;「+2コイン」;「手札にあるカードを2枚廃棄する」
解説 ドロー、金量、廃棄を1枚でこなすカード。その場に応じて使い分けできるため、ロスがなく、使い勝手がよい。

ステロイドとは相性が悪いカード

自分が取らないほうが良いカード

ステロイド戦術を行う時、自分が購入しないほうが良いカードは、以下のものです。
  • 「ドロー効果がない」 かつ 「金量を生まない」 かつ 「廃棄効果もない」アクションカード
  • 禁制品
  • 「錬金術」に収録されているカード全般
ステロイド戦術のときに役に立つカードは、「ドロー系」、「金量を生む系」、「廃棄系」のカードでした。
取らないほうが良いカードは、当然それらを満たさないカードとなります。
余分なアクションカードを購入することは、買うときの「購入権」と買った後の「手札スペース」の両面で無駄になります。
本当に必要なカードなのかを十分検討してからデッキに入れるようにしましょう。
また、1つ具体的なカード名を上げて補足します。
「禁制品」という財宝カードがあります。
禁制品
このカードは、5コストで3金を生み、さらに購入も増やせる強カードなのですが、ステロイド戦術ではあまり相性がよくありません。
「指定されたカードを購入できなくなる」というデメリットが大きくなるためです。
というのも、ステロイドは、戦術が極めてバレやすく、かつ、潰しもききにくいためです。
属州も金貨を指定されると、有効なカードを購入できず足踏みすることが多々あるため、あまり有効に機能しないということを覚えておきましょう。
最後に、「錬金術」に収録されているカードは、ステロイドには向きません
ポーションという財宝カードを起点としており、ステロにとっては遠回りになるためです。
ステロイドで行くと決めたら、ポーションのマークは無視して良いでしょう。

相手に使われると厳しくなるカード

これから紹介するカードは、ステロイドに対して強いカードです。
言い換えると、自分がステロイド戦術を行うに当たり、使われたくないカードです。
これらのカードが場に多くあり、かつ、防御する術もない場合は、ステロイド側は苦戦を強いられます。
その時は、ステロイドは諦めたほうが良いかも知れないので、よくチェックしておきましょう。
  • 手札を減らす系(ハンデス系)
  • 呪いや廃墟を撒く系(荒らし系)
  • デッキの有効カードを捨てられる系(デッキ破壊系)
手札を減らす系(ハンデス)
具体的には、民兵拷問人などが挙げられます。
手札の枚数が減るとその分だけ金量が減るので、5金や8金への到達が厳しくなるでしょう。
呪いや廃墟を撒く系(荒らし系)
具体的には、海の妖婆魔女襲撃者大使などです。
デッキの中に余分なカードが入るとやはり、5金や8金への到達が厳しくなります。
デッキの有効カードを捨てられる系(デッキ破壊系)
具体的には、山賊義賊などです。
捨札にされるだけならまだ良いのですが、財宝カードが廃棄されてしまう系だとかなり厳しくなるので、注意しましょう。
まとめとして、ステロイドと相性が悪いカードを再掲します。

【購入しないほうが良い】

  • 「ドロー効果がない」 かつ 「金量を生まない」 かつ 「廃棄効果もない」アクションカード
  • 禁制品
  • 「錬金術」に収録されているカード全般

 

【場にあるとステロイドが厳しくなる】

  • 手札を減らす系(ハンデス系)
  • 呪いや廃墟を撒く系(荒らし系)
  • デッキの有効カードを捨てられる系(デッキ破壊系)

代表的なステロイドデッキとその戦い方

では、最後に、有名かつ強力なステロイドデッキを紹介します。

 

鍛冶屋ステロ

最も有名なのが「鍛冶屋ステロ」です。
鍛冶屋ステロは「鍛冶屋」「財宝カード」だけを使用したステロイドデッキです。
鍛冶屋
初手で「鍛冶屋ー銀貨」から入り、その後は出た金量によって、以下のように買っていきます。
  • 8金以上:属州
  • 6金以上:金貨
  • 4金以上:鍛冶屋(ただし追加は1枚まで)
  • 3金以上:銀貨
  • 属州の残りが4枚以下なら公領、屋敷も購入

 

注意点として、鍛冶屋ステロは初手が「3ー4」のときに限ります

2-5の時は、ターン数が無駄になるため、他の戦術を考えたほうが良いです。

 

肉屋ステロ

肉屋ステロは、肉屋で得たコイントークンを活用した購入に加え、肉屋の効果によって不要カードの変換もおこなうハイブリットなステロイドです。
肉屋
前半は、銀貨を購入しつつ、屋敷を銀貨や銅貨に変換します。
後半は、コイントークンを活用し、金貨や属州を購入しつつ、金貨を属州へ変換していきます。
リードしている場合は、属州を廃棄して属州を獲得することもゲームを早めるので有効です。

香辛料ステロ

香辛料ステロは、「香辛料」を用いてコイントークン活用するステロイドです。

香辛料

香辛料を購入することで、コイントークンを発生させつつ、金貨・属州の購入を目指します
コイントークンにより、5金や7金でも有効な購入ができるようになるのが強みです。
また、コイントークンを使用するため、上述の「肉屋」と非常に相性がよいです。
肉屋がある場では、合わせて購入しましょう
代表的なステロイドデッキは以下のとおりです。

【鍛冶屋ステロ】

  • 使用するのは、鍛冶屋と財宝カードのみ
  • 最もシンプルなステロイド

 

【肉屋ステロ】

  • 肉屋で得たコイントークンと、廃棄効果での変換を行うステロイド
  • 序盤は屋敷→銀貨、終盤は金貨→属州

 

【香辛料ステロ】

  • 香辛料の獲得で得たコイントークンを活用する
  • 肉屋があれば、合わせて取りたい

まとめ ドミニオンはステロイドを覚えるところから始まる

今回は、ドミニオン初心者が覚えたい戦術の一つ「ステロイド戦術」に関して解説しました。
ステロイドは、属州を多く集めたプレイヤーが勝利のドミニオンにおいて、最も基本となる戦術です。

非常に早く属州に到達できるので、是非コンボ相手に逃げ切りを決めましょう。

下手なコンボを組むよりステロイドのほうが早いので、是非習得してくださいね。
ステロイド戦術を理解したら、次はコンボデッキの理想形である「引き切り戦術」を身に着けましょう。
ドミニオンの醍醐味であるコンボを決めて、気持ちよく勝利するためのコツを伝授します。

ドミニオンマニアによるドミニオンファンのための一冊。

私も初心者を抜け出すために何度も読みまくりました。

スポンサーリンク
   
人気のボードゲームをチェック!
⬇ ⬇ ⬇
 
   
Amazonでボードゲームを買うなら、「Amazonチャージ」がお得です。
 
初回限定で、5000円以上のチャージすればもれなく1000ポイントもらえます。
 
また、1000ポイントがもらえるのは初回だけですが、2回目以降も最大 2.5% 分のポイントが貰えます
 
 
\初回限定 1000P キャンペーンはこちら/
   
\2回目以降のチャージはこちらから/
 
※支払いはコンビニ・ネットバンキング・ATMのみ。クレジットカードは対象外です。
 
 
プライム会員なら、さらにお得にチャージできます。
 
\30日間無料体験はこちらから/
 
プライムビデオやプライムミュージックも楽しみ放題!
 
※無料期間中でも解約できるので安心です
pinterestでのフォローはこちら!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告