おすすめ記事

 

2018年、彗星のごとく現れ、その名を広く轟かせたボードゲームデザイナーがいました。

彼の名は、「ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)」。

ボードゲーム界でもっとも権威のある賞のひとつ「ドイツ年間ゲーム大賞」になんと3作品も同時にノミネートされたのです。

そして、そのうちの一つ「クアックサルバー」では見事エキスパート部門で大賞を受賞しています。

 

今回はそんな天才デザイナー「ヴォルフガング・ウォルーシュ氏」を代表作とともにご紹介します。

今すぐにプレイしたくなる作品ばかりですよ!

 

ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)

こんなデザイナー

2018年、一気にその名をボードゲーム界に轟かせたボードゲームデザイナー。

1980年オーストリアの聖パンタレオン生まれ。ウィーンで微生物学と遺伝学を学び、現在はがん研究に携わっている。

もともと子供の頃は、モノポリーなどの有名な古典ゲームをプレイすることはあれ、ボードゲームへの興味がそこまで強いわけではなかった。ボードゲームを作るようになったのは2012年頃からであるが、はじめはパーティゲームを中心にデザインしていた。

そして、来たる2018年、ドイツ年間ゲーム大賞に「ザ・マインド」が、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞に「クアックサルバー」と「ガンシュンクレバー」がノミネートされるという大フィーバー。同一デザイナーのゲームが多数ノミネートされるのは異例。天才との呼び声も高い。

代表作は、上記の3ゲームに加え、「イリュージョン」、「富士-脱出-」、「ティーフェンタールの酒場」など。

ヴォルフガング・ヴァルシュという表記も。

Wolfgang Warsch ヴォルフガング ウォルーシュ

ヴォルフガング・ウォルーシュ氏

―schmidtspieleより

代表作をピックアップ!
しゃべっちゃいけない協力ゲーム!
スポンサーリンク

ザ・マインド (The mind)

この投稿をInstagramで見る

 

oshirono_soko(@oshironosoko)がシェアした投稿 -

一人ひとりに配られたカードを数字が小さい順にみんなで場に出していく協力ゲーム

ただそれだけ。単純明快。

 

ただし、重要なルールがもう一つ。

それは、言葉やジェスチャーによるコミュニケーションが取れないこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka Shibata(@yukayukayukashibata)がシェアした投稿 -

1分で説明が終わり、次の1分で、その面白さに気づくことでしょう。

ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた良ゲーム。

成功しても失敗しても、その後の振り返りで会話が盛り上がります。

 

 

ダウンタウンのガキ使でも紹介されました。

50歳オーバーの出演者さんたちでも、すぐに楽しめるのはいいですよね。

 

原題:The mind 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2018年
時間:15分 年齢:8歳~
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥3,300 (2020/04/05 11:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

ボードゲーム大賞受賞の傑作!
スポンサーリンク

クアックサルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tatsuya Okuda(@tatsu_pp)がシェアした投稿 -

クアックサルバーは、自分の袋の中身を構築するバックビルディング系のゲーム。

バックビルディングとは、わかりやすく言うと、袋の中に好きなものを入れて、くじ引きの確率を操作するイメージです。

 

袋の中からは好きなだけのチップを引くことができますが、引いた白チップの合計が8以上になったらバーストしてペナルティとなってしまいます。

すなわちチキンレースですね。勝負でもう一枚引くか、着実にキープするかが迷いどころです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenteco(まみ)(@kdm0905)がシェアした投稿 -

クアックサルバーは、チップの種類が豊富で、それぞれ独自の効果を持っています。

また、シナリオも4種類あり、ゲーム性が変わるため、リプレイ性が高く、何度も楽しめる名作の一つ。

 

ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパート部門大賞受賞作でありながら、比較的ルールがわかりやすいのも大きな魅力。

重量級ゲームへの入り口にちょうどよいですね。

原題:Die Quacksalber von Quedlinburg 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2018年
時間:45分 年齢:10歳~
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥6,040 (2020/04/05 13:33:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥3,018 (2020/04/05 13:33:13時点 Amazon調べ-詳細)
カラフルダイスで行う変則ビンゴゲーム!

ガン・シュン・クレバー(Ganz schön clever)

この投稿をInstagramで見る

 

A Throne of Games(@athroneofgames)がシェアした投稿 -

ガン・シュン・クレバー(ガンツ・シェーン・クレバーとの表記も)は、紙とペンを用いて遊ぶダイスゲーム

ダイスの出目を紙にマークしていき、ビンゴのように一列を揃えたりして、得点の獲得を目指します

 

用いるダイスは、青、黄色、緑、紫、橙、白の6色。

そしてシートに、各ダイスの色に対応するエリアがあり、その部分を埋めていきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boardgames Are Fun(@boardgamesarefun)がシェアした投稿 -

各色のエリアの特徴としては、黄色、青はいわゆるビンゴのイメージ。
緑は、特定の数字以上しか配置できない、橙は何でもOK、紫は、前回よりも大きい出目しか駄目といった感じです。
また、ガンシュンクレバーでは、ボーナスという要素があり、好きな箇所をマークできたり、サイコロを振り直したりできたりします。
お手軽に楽しめる良ゲームです。こちらもドイツ年間ゲーム大賞 エキスパート部門のノミネート作品
原題:Ganz schön clever 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2018年
時間:30分 年齢:8歳~

 

色の大きさを目測しよう

イリュージョン(Illusion)

この投稿をInstagramで見る

 

@boardgame.liteがシェアした投稿 -

イリュージョンは、赤・黄・青・緑の4色で構成されるカードを用いて遊ぶゲームです。

カードに描かれている「色の面積」を頭の中で比較し、前の人よりもその色の面積が広いと思うカードを昇順に出していきます。

前の人が、昇順に出せていないと思ったらダウトをします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Julie Marshall(@julieplaysgames)がシェアした投稿 -

ダウトがあるのですが、嘘をついたりするブラフ要素はほぼありません。

自分の色の面積を見極めるセンスを研ぎ澄ませましょう。

普段あまり使わない感性を研ぎ澄ませるので、新鮮な気分になるでしょう。意外な人が強いゲームかも!?

原題:Illusion 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2018年
時間:15分 年齢:8歳~
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,600 (2020/04/05 13:33:14時点 Amazon調べ-詳細)
酒場を発展させるデッキ構築ゲーム!

ティーフェンタールの酒場(Die Tavernen im Tiefen Thal)

この投稿をInstagramで見る

 

Yannick |Youtuber |Joueur j2s(@lejeuautrement)がシェアした投稿 -

ティーフェンタールの酒場は、酒場のマスターとなり、自らの酒場を発展させるデッキ構築ゲームです。

稼いだお金でお店を拡大し、よりお金をたくさん使ってくれる常連客を増やすことが目的です。

一言にお店を拡大と言っても、投資先は様々です。

テーブルを増やしてお客さんのキャパを増やしたり、ビールの貯蔵庫を拡大したり、ウエイトレスを雇ったり、洗い場を改良したりと選択肢は多岐にわたります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juan Perez(@jfp1969)がシェアした投稿 -

単なるデッキ構築でないのが、ティーフェンタールの酒場の面白いところ。

行うアクションは、ダイスを用いて決めます。

ダイスの目をドラフト形式で取り合い、各プレイヤーがダイスを配置し、それに応じたアクションを行っていきます。

自分の酒場だけに集中しがちですが、他のプレイヤーの酒場を見て、どの目を欲しがっているのか見極めるのも重要です。
原題:Die Tavernen im Tiefen Thal 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2019年
時間:60分 年齢:10歳~
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥5,800 (2020/04/05 19:06:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

全員で噴火する富士山から脱出せよ!

富士 -脱出-(Fuji)

この投稿をInstagramで見る

MFSM(@mafesantanderm)がシェアした投稿 -

 

富士 -脱出-(Fuji)」は、参加プレイヤーが協力して、噴火する富士山からの脱出を目指す協力ダイスゲームです。

各プレイヤーは、それぞれが目隠しの向こう側でダイスを振り、移動したいマスを宣言します。

そのマスで指定されたダイス目が、隣のプレイヤーよりも大きくないと移動することができません

全員が思い通りに動けることは少なく、我先に逃げようとすると、足の引っ張り合いになってしまいます。

この投稿をInstagramで見る

Daniel Kruse(@dantomet)がシェアした投稿 -

マップは7種類あり、レベルも1〜4と幅があります。

繰り返しチャレンジしたり、プレイヤーのレベルによって変えたりとバリエーションを持って楽しむことができますね。

 

この投稿をInstagramで見る

Seth Chatfield(@hex.aboard)がシェアした投稿 -

コンポーネントは、アーティスティックな感じです。

ダイスの目隠しに、ターンの流れが書かれているのでわかりやすいですね。

原題:Fuji 作者:Wolfgang Warsch 発売年:2018年
時間:30~60分 年齢:10歳~
created by Rinker
¥4,040 (2020/04/06 01:16:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ヴォルフガング・ウォルーシュ氏のゲームをプレイしよう!

今回は、2018年、彗星のごとく現れ、その名を広く轟かせたボードゲームデザイナー「ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)」氏を代表作とともにご紹介しました。

「ドイツ年間ゲーム大賞」にノミネートされた3作品はもちろん、それ以外にも遊びごたえたっぷりの魅力的なゲームを発表していますので、是非プレイしてみてください。

ヴォルフガング・ウォルーシュ氏の今後の活躍にも目が離せません。

他のデザイナーのことも知りたい!

・ボードゲームの父とも言える伝説的なデザイナー、シド・サクソン氏、アレックス・ランドルフ氏を紹介します。名作多数で必見です。

・ボードゲームデザイナー界の「3K」、ライナー・クニツィア氏、ヴォルフガング・クラマー氏、クラウス・トイバー氏の輝かしい功績を代表作とともに紹介します。

・ボードゲーム大国ドイツの名デザイナーウヴェ・ローゼンベルク氏を代表作とともに紹介します。

・ドイツが生んだ、ひときわ異彩を放つ革新的な作家フリーデマン・フリーゼ氏を代表作とともに紹介します。

・フランスの注目ボードゲーム作家アントワーヌ・ボウザ氏を代表作とともに紹介します。

・日本のボードゲーム界を牽引する8人の名デザイナーを紹介します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告