おすすめ記事
スポンサーリンク

今回からは、1つずつボードゲームを紹介していきますよー

さて、今日紹介するゲームは、ドイツゲーム賞で8位入賞を果たした日本生まれのスゴいゲーム「街コロ」です!

 

スポンサーリンク

街コロ

  • 人数:2-4人
  • プレイ時間:30-45分
  • ルール難易度:普通

サイコロを振って、街を発展させよう!

街コロは、コインを集めて、自分の街を発展させるゲームです。
自分のターンにサイコロを振って、コインをゲットして、お店を買ったり、建物を建てたりしましょう!
プレイしてみるとわかりますが、やっているときの感覚としては、すごろくに近いものがあり、すごく、とっつきやすいです。

「街コロ」は、こんな人にオススメ

・初めてボードゲームをやる
・ボードゲーム初心者
・お子さんと一緒に楽しみたい人

街コロは、すごくルールが単純な上、盛り上がることができ、とても初心者の方におすすめのゲームです。

だからといって、運ゲーだったり、戦略性がない、なんて事は
全くありません!

というのも、このゲームは、ドイツゲーム賞で8位入賞を果たした日本生まれのスゴいゲームなのです。

どんな人でも楽しめる名作ボードゲームと言っても過言ではないと思います。

ルールをざっくり紹介

□目的
プレーヤーの中で一番に、4つ全てのランドマークを建設すること
□終了条件

誰かがすべてのランドマークを建設した時点で終了

ランドマークとは、

「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」のことで、これらは各プレイヤーの街の象徴となる建物です。

このランドマークを建設するために、それぞれがお店などの施設を作って、コインを稼いでいきます。

 

□ゲームの流れ

  1. サイコロを振る
  2. サイコロの出目の効果を行う(コインのやりとり)
  3. 施設の購入orランドマーク建設

この流れを各プレイヤーが順番に行なっていきます。

施設とランドマークは、1ターンにつき1つしか建設できません。

なので、何を優先すべきか考える必要があります。

施設には4つのタイプがある

購入できる施設は色でタイプ分けされています。

  • 青は、誰のターンでも効果が発生する
  • 緑は、自分のターンのみで効果が発生
  • 赤は、他プレイヤーのターンのみで効果発生
  • 紫は、自分のターンのみで効果発生、目が出にくい分、効果が強い!

これらをうまく使い分けて自分の街を作りましょう!

同じカードをたくさん買っていい!

青、緑、赤のカードは、同じカードを複数枚買ってOKです。当然、それぞれの効果はそれぞれ発生しますので、その目が出た時の効果を倍増させる事ができます!

例えば、パン屋を1枚持っている場合、2,3が出た時得られるコインは1枚ですが、2枚持っていれば、コイン2枚、3枚持っていればコイン3枚と、効果が大きくなるのです。

このようにして、1度にたくさんのコインを得ると非常に嬉しくなります。

街コロは初心者に超絶オススメ

このように、街コロは非常に簡単でわかりやすいルールですが、運と戦術が適度なバランスで、誰でも簡単に楽しめるゲームだと思います!

また、街コロには現在2種類の拡張が販売されています。

スポンサーリンク

街コロプラスと街コロシャープです。
個人的には街コロプラスは、街コロをやるならプラスは必須!というくらい非常にオススメです。

拡張版に関しては、また別途紹介したいと思います。

近日中に街コロの戦略に関してご紹介しますので、お楽しみに!

街コロの戦略に関して記事を書きました。こちらからどうぞ!

ではまたー

もし記事を気に入ったら、下のボタンからシェアをお願いします!

クジラクションのやる気が出ます。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告