おすすめ記事

 

 

ボードゲームギーク(BGG)が主催する2019年 第14回ゴールデンギーク賞の受賞作が発表されました。

ゴールデンギーク賞は、ゲーム・オブ・ザ・イヤーとはじめ、2人用ゲーム部門、カードゲーム部門など全16の部門で構成されています。

 

今回は、ゲーム・オブ・ザ・イヤーを始めとする全16部門の大賞受賞作を紹介します。

また、準大賞に相当する次点の2作品も部門ごとに掲載します。

 

では、2019年のゴールデンギーク賞の受賞作品を見ていきましょう。

 

 

2019年ゴールデンギーク賞 ゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補作品はこちらから確認できます。

関連記事2019年 ゴールデンギーク賞 ゲームオブザイヤーの候補 全15作品

 

また、歴代のゴールデンギーク賞の受賞作はこちらにまとめています。

関連記事【歴代】ゴールデンギーク賞の一覧まとめ(BoardGameGeek Golden Geek Award)

 

スポンサーリンク

2019年 ゴールデンギーク賞 全16部門 受賞作品一覧

2019年 第14回ゴールデンギーク賞の受賞作品は以下のとおりです。
まずは、一覧表にしてみました。
2019年は「ウイングスパン+拡張」が8部門で大賞を受賞する快挙を成し遂げています。
部門 タイトル デザイナー
大賞(ゲーム・オブ・ザ・イヤー) ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
2人ゲーム ウォーターゲート(Watergate) watergate マティアス・クラマー(Matthias Cramer)
アート&プレゼンテーション ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
カードゲーム ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
協力ゲーム The Crew: The Quest for Planet Nine トーマス・シング(Thomas Sing)
拡張 ウイングスパン:ヨーロッパ拡張(Wingspan: European Expansion) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
ファミリーゲーム ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
イノベーティブ ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
パーティーゲーム ウェーブ・レングス(Wavelength) アレックスハーグ(Alex Hague), ジャスティンビッカース(Justin Vickers), ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)
プリント&プレイ タイニー・フォーミングマーズ(TINYforming Mars) TINYforming Mars マイケル・ベビラクア(Michael Bevilacqua)
ソロゲーム ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
ストラテジーゲーム ウイングスパン(Wingspan) エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)
テーマチックゲーム デューン(Dune) ル・エベーレ(Bill Eberle), ジャック・キットリッジ(Jack Kittredge), ピーター・オロトカ(Peter Olotka)
ウォーゲーム アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy) トレヴァー・ベンジャミン(Trevor Benjamin), デビッド・トンプソン(David Thompson)
ポッドキャスト Heavy Cardboard Heavy Cardboard -
アプリ Through the Ages - New Leaders & Wonders Through the Ages - New Leaders & Wonders ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil)

 

ゲーム・オブ・ザ・イヤー(Board Game of the Year)

では、最も注目すべきは、もちろんゲーム・オブ・ザ・イヤーです。

2019年のゲーム・オブ・ザ・イヤーには、ウイングスパンが選ばれました!

ウイングスパンは、ゲーム・オブ・ザ・イヤーを含め、全8部門での受賞となっています。

 

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

2019年を代表する超人気ゲーム!

ゲーム概要

・愛鳥家となって、様々な野鳥を自分のもとに引き寄せるカードゲーム。

・実在する170種類もの鳥たちが、とても精巧に描かれており、美しいアートワークも魅力。

・人数:1~5、プレイ時間:40~70分、ルール難易度:普通

 

 

おすすめポイント

・鳥カードには様々な固有の効果があり、複数の鳥でコンボ(相互作用)を考えるのが楽しい。

・個人ボード、ダイス、ダイスタワーなどのコンポーネントも豪華で見た目も非常に良くテンションが上がる。

・1~5人まで何人でやっても面白い。本当に重宝する名作。

ウイングスパンの主な受賞歴は?

現在のところ、主なボードゲーム賞におけるウイングスパンの実績は以下の通りです。

  • 2019年 ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム大賞
  • 2019年 ドイツゲーム賞 1位
  • 2019年 ゴールデンギーク賞 ゲーム・オブ・ザ・イヤー(+その他7部門)

 

ウィングスパンは2019年の「ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」をダブル受賞しています。

 

「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」は、どちらもとても世界的に名高い重要な賞なので覚えておくと良いでしょう。

 

関連記事ドイツ年間ゲーム大賞とは?歴代の受賞作一覧とともに解説!

関連記事【ドイツ年間ゲーム大賞】歴代の「エキスパート部門」受賞作(黒ポーン)を一挙紹介!

そして今回、ゴールデンギーク賞でも素晴らしい実績を残しました。

世界のボードゲーム賞に関しては、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみて下さい。

 

ウイングスパンの拡張は?

ウイングスパンには、現在のところ「ヨーロッパ拡張」が販売されています。

ヨーロッパ拡張とは、ヨーロッパに生息する鳥たちを追加する拡張です。

 

New!

ウイングスパン拡張:欧州の翼(通称ヨーロッパ拡張)の日本語版が発表されました。6月25日発売です。

主にヨーロッパに生息する鳥類が新たに81枚追加になります。

「スズメ」や「カッコウ」など日本でも見られる鳥もいるので、注目です。

また、鳥カードに加え、ボーナスカード、ラウンド得点タイルも追加されました。

 

 

2020年6月に日本語版が発売予定となっているので、楽しみですね。

 

ちなみに、このヨーロッパ拡張に関しても、今回のゴールデンギーク賞 拡張部門で大賞を取っていますよ。

 

別で、ウイングスパンのプロモーションカードもあります。
合わせてチェックしましょう!

ウイングスパンのデザイナーは?

ウイングスパンのデザイナーは、「エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave)」氏です。

 

エリザベス・ハグレイブ氏は、ウイングスパンの他にも、タジーマジー(Tussie Mussie)やマリポーサ(Mariposas)といったゲームを手掛けています。

 

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点の2作品

次点には、パラディンズ・オブ・ザ・ウェスト・キングダム(Paladins of the West Kingdom)タペストリー(Tapestry)が選ばれました。

 

パラディンズ・オブ・ザ・ウェスト・キングダムは、西フランク王国の建築家の続編です。

 

また、タペストリーは、それぞれの文明を発達させるゲームです。

アートワークもきれいで人気があり、アート&プレゼンテーション部門でも次点に選ばれています。

 

タイトル デザイナー
西フランク王国の聖騎士(Paladins of the West Kingdom) シェム・フィリップス(Shem Phillips), SJマクドナルド(S J Macdonald)
タペストリー(Tapestry) ジェイミー・ステグマイアー(Jamey Stegmaier)

 

スポンサーリンク

2人ゲーム部門(2-Player Game

大賞

ウォーターゲート(Watergate)

watergate

ウォーターゲート(Watergate)は、アメリカの政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」をテーマに、ニクソン陣営とジャーナリスト陣営で戦う2人用ゲームです。

 

カードをイベントとして使うか、捨てて別の行動をするか、という「カードドリブン」というシステムを採用しています。

 

 

原題:Watergate 作者:マティアス・クラマー(Matthias Cramer) 発売年:2019年
時間:30分~60分 年齢:12歳~

 

次点の2作品

次点には、アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy)ブリッツクリーグ(Blitzkrieg!: World War Two in 20 Minutes)が選ばれました。

アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy)はウォーゲーム部門で大賞をとっています。

 

Blitzkrieg!: World War Two in 20 Minutesは、第二次世界大戦を20分で再現した1~2人用の戦争ゲームです。

 

タイトル デザイナー
アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy) トレヴァー・ベンジャミン(Trevor Benjamin), デビッド・トンプソン(David Thompson)
Blitzkrieg!: World War Two in 20 Minutes Blitzkrieg World War Two in 20 Minutes パオロ・モリ(Paolo Mori)

 

アート&プレゼンテーション部門(Artwork Presentation)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

ウイングスパンが、アート&プレゼンテーション部門でも受賞しました。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

 

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点の2作品

PARKSタペストリー(Tapestry)が次点に選ばれています。

PARKSは「米国国立公園」をテーマにしたボードゲームです。

45の国立公園のユニークなイラストが美しいのが特徴です。

 

タペストリーは、惜しくも、アート&プレゼンテーション部門でも次点でした。

 

タイトル デザイナー
PARKS ヘンリー・オーデュボン(Henry Audubon)
タペストリー(Tapestry) ジェイミー・ステグマイアー(Jamey Stegmaier)

 

カードゲーム部門(Card Game)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

カードゲーム部門でも受賞しています。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点の2作品

ザ・クルー:第9惑星への旅マーベルチャンピオンズ:カードゲームが次点に選ばれています。

 

ザ・クルー:第9惑星への旅は協力ゲームの大賞も受賞しています。

 

マーベルチャンピオンズ:カードゲームは、ゲーム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートしていましたが、カードゲーム部門で次点に選ばれました。

 

タイトル デザイナー
ザ・クルー:第9惑星への旅(The Crew: The Quest for Planet Nine) トーマス・シング(Thomas Sing)
マーベルチャンピオンズ:カードゲーム(Marvel Champions: The Card Game) マイケル・ボッグス(Michael Boggs), ネイト・フレンチ(Nate French), カレブ・グレイス(Caleb Grace)
ザ クルー(Die Crew) 2019エッセンシュピールスカウトアクション ボードゲーム カードゲーム
ノーブランド品

 

協力ゲーム部門(Cooperative Game)

大賞

ザ・クルー:第9惑星への旅(The Crew: The Quest for Planet Nine)

ザ・クルーは、宇宙船の乗組員がテーマの協力型のカードゲームです。

コミュニケーションが取れない環境で、意思疎通を試みて、協力しながらミッションのクリアを目指します。

2019年のエッセンシュピールで話題となった作品です。

 

 

原題:The Crew: The Quest for Planet Nine 作者:トーマス・シング(Thomas Sing) 発売年:2019年
時間:20分前後 年齢:10歳~
ザ クルー(Die Crew) 2019エッセンシュピールスカウトアクション ボードゲーム カードゲーム
ノーブランド品

 

次点の2作品

マーベルチャンピオンズ:カードゲームロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアースが選ばれました。

 

マーベルチャンピオンズ:カードゲームは、マーベルのキャラクターたちが登場するデッキ構築系の協力ゲームです。

スパイダーマン、アイアンマン、シーハルク、ブラックパンサー、キャプテンマーベルで協力して、ヴィランのライノ、クロウ、ウルトロンを倒します。

 

ロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアースは、1~5人で遊ぶ協力ゲームです。

スキルを利用して、クエストクリアしていきます。

 

タイトル デザイナー
マーベルチャンピオンズ:カードゲーム(Marvel Champions: The Card Game) マイケル・ボッグス(Michael Boggs), ネイト・フレンチ(Nate French), カレブ・グレイス(Caleb Grace)
ロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアース(The Lord of the Rings: Journeys in Middle-earth) ロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアース  ネイサン・I.ハジェク(Nathan I. Hajek), グレース・ホールディングハウス(Grace Holdinghaus)

 

拡張部門(Expansion)

大賞

ウイングスパン:ヨーロッパ拡張(Wingspan)

大賞を受賞したウイングスパンの拡張です。

詳細は、大賞の箇所に記載しています。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan: European Expansion 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点の2作品

拡張部門の次点には、クアックサルバー:薬草使いの魔女たちテラフォーミングマーズ:動乱が選ばれています。

 

クアックサルバー:薬草使いの魔女たちは、2018年のドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム大賞を受賞した「クアックサルバー」の拡張です。

5人で遊べるようになった他、新しい材料が増えています。

 

テラフォーミング・マーズ:動乱は2017年にドイツゲーム賞で1位に輝いたテラフォーミング・マーズの5番目の拡張です。

世界政府が火星開発に介入する物語となっています。

 

どちらも人気ゲームの拡張なので、要チェックです。

 

タイトル デザイナー
クアックサルバー:薬草使いの魔女たち(The Quacks of Quedlinburg: The Herb Witches) ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)
テラフォーミングマーズ:動乱(Terraforming Mars: Turmoil) ジェイコブ・フリゼリウス(Jacob Fryxelius)

 

ファミリーゲーム部門(Family Game)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

ファミリーゲーム部門もウイングスパンが受賞です。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点2作品

次点には、アズール:サマーパビリオン(Azul: Summer Pavilion)タイニー・タウン(Tiny Towns)が選ばれました。

 

アズール:サマーパビリオンは、2018年にドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞 1位を獲得したアズールのシリーズ三作目です。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)

 

タイニー・タウンは、1~6人で遊べる小さなまちづくりのゲームです。

どちらもシンプルなルールなので、家族やボードゲーム初心者でも楽しめるゲームとなっています。

 

タイトル デザイナー
アズール:サマーパビリオン(Azul: Summer Pavilion) ミヒャエル・キースリング(Michael Kiesling)
タイニー・タウン(Tiny Towns) ピーター・マクファーソン(Peter McPherson)
和訳ルール、和訳シール付き Tiny Towns タイニータウン ボードゲーム
ノーブランド品

 

イノベーティブ部門(Innovative)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

イノベーティブ部門もウイングスパンが受賞しました。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

次点2作品

ザ・クルー:第9惑星への旅とウェーブ・レングスが選ばれています。

どちらも複数部門でのノミネートです。

 

タイトル デザイナー
ザ・クルー:第9惑星への旅(The Crew: The Quest for Planet Nine) トーマス・シング(Thomas Sing)
ウェーブ・レングス(Wavelength) アレックスハーグ(Alex Hague), ジャスティンビッカース(Justin Vickers), ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)
ザ クルー(Die Crew) 2019エッセンシュピールスカウトアクション ボードゲーム カードゲーム
ノーブランド品

 

パーティゲーム部門(Party Game)

大賞

ウェーブ・レングス(Wavelength)

ウェーブ・レングス(Wavelength)は、以心伝心を競うパーティゲームです。

同じチームの人がお題のカードに沿ったヒントを出して、仲間がうまい具合に目盛りを合わせたら点が入ります。

 

 

デザイナーの1人は、クアックサルバーやティーフェンタールの酒場の作家「ヴォルフガング・ウォルーシュ」氏です。

原題:Wavelength 作者:アレックスハーグ(Alex Hague), ジャスティンビッカース(Justin Vickers), ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch) 発売年:2019年
時間:30分~45分 年齢:13歳~

 

次点の2作品

Letter Jamメン・ット・ワークが選ばれました。

メン・アット・ワークはすでに日本語版が発売されていますよ。

 

タイトル デザイナー
Letter Jam オンドラ・スコピー(Ondra Skoupý)
Men at Work リタ・モデル(Rita Modl)

 

プリント&プレイ部門(Print Play)

大賞

タイニー・フォーミングマーズ(TINYforming Mars)

タイニー・フォーミングマーズはテラフォーミングマーズの簡易版です。

BGGで無料公開されています。

内容としては、気温を上げ、緑化を進め、火星に海と都市を作るゲームです。

 

原題:TINYforming Mars 作者:マイケル・ベビラクア(Michael Bevilacqua) 発売年:2019年
時間:30分~45分 年齢:10歳~

 

次点2作品

次点には、「Under Falling Skies: A 9-Card Print-and-Play Game」と「Roll Estate」が選ばれました。

 

タイトル デザイナー
Under Falling Skies: A 9-Card Print-and-Play Game - トマス・ウリル(Tomas Uhlir)
Roll Estate - Chris Michaud

 

ソロゲーム部門(Solo Game)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

ソロゲーム部門もウイングスパンが受賞しました。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点2作品

次点には、マーベルチャンピオンズ:カードゲームと、Twice As Cleverが選ばれました。

 

タイトル デザイナー
マーベルチャンピオンズ:カードゲーム(Marvel Champions: The Card Game) マイケル・ボッグス(Michael Boggs), ネイト・フレンチ(Nate French), カレブ・グレイス(Caleb Grace)
Twice As Clever ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)

 

ストラテジーゲーム部門(Strategy Game)

大賞

ウイングスパン(Wingspan)

ストラテジーゲーム部門もウイングスパンが受賞しました。

こちらをクリックすると大賞の箇所へジャンプして確認できます。

原題:Wingspan 作者:エリザベス・ハグレイブ(Elizabeth Hargrave) 発売年:2019年
時間:40分~70分 年齢:10歳~

 

次点2作品

次点には、マラカイボパラディンズ・オブ・ザ・ウェスト・キングダムが選ばれました。

どちらも、ゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補に選ばれていた作品です。

マラカイボ(Maracaibo)は、ブルームサービス、アイルオブスカイなどを手掛けた「アレクサンダー・フィスター(Alexander Pfister)」氏による陣取りゲームです。

 

タイトル デザイナー
マラカイボ(Maracaibo) アレクサンダー・フィスター(Alexander Pfister)
西フランク王国の聖騎士(Paladins of the West Kingdom) シェム・フィリップス(Shem Phillips), SJマクドナルド(S J Macdonald)

 

テーマチックゲーム部門(Thematic Game)

大賞

デューン(Dune)

DuneはSF映画「デューン砂の惑星」を舞台にしたボードゲームです。

かつて販売されていたタイトルが、2019年版として復活しました。

 

 

原題:Dune 作者:ル・エベーレ(Bill Eberle), ジャック・キットリッジ(Jack Kittredge), ピーター・オロトカ(Peter Olotka) 発売年:2019年
時間:120分~180分 年齢:12歳~

 

次点の2作品

次点には、スターウォーズ:アウター・リムとロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアースが選ばれています。

 

タイトル デザイナー
スターウォーズ:アウター・リム(Star Wars: Outer Rim) コリー・コニエツカ(Corey Konieczka), トニー・ファンチ(Tony Fanchi)
ロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアース(The Lord of the Rings: Journeys in Middle-earth) ロード・オブ・ザ・リング:ジャーニー・イン・ザ・ミドルアース  ネイサン・I.ハジェク(Nathan I. Hajek), グレース・ホールディングハウス(Grace Holdinghaus)

 

ウォーゲーム部門(Wargame)

大賞

アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy)

アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy)は、アメリカ軍とドイツ軍で戦う2人用ゲームです。

タイトルから分かるように、「ノルマンディ上陸作戦」がテーマとなっています。

デッキ構築の要素が入った戦争ゲームです。

 

 

原題:アンドーンテッド:ノルマンディー(Undaunted: Normandy) 作者:トレヴァー・ベンジャミン(Trevor Benjamin), デビッド・トンプソン(David Thompson) 発売年:2019年
時間:45分~60分 年齢:14歳~

 

次点の2作品

ユーボートブリッツクリーグが選ばれました。

ユーボートは、ドイツの潜水艦「Unterseeboot」をテーマにしたボードゲームです。

なんと模型のUボートを使ってプレイするという驚きのゲームとなっています。

 

タイトル デザイナー
ユーボート(UBOOT: The Board Game) バルトス・プルタ(Bartosz Pluta)アルトゥル・サルワウスキー(Artur Salwarowski)
Blitzkrieg!: World War Two in 20 Minutes Blitzkrieg World War Two in 20 Minutes パオロ・モリ(Paolo Mori)

 

ベストポッドキャスト部門(Best Podcast)

この部門は、ボードゲーム自体ではなく、ポッドキャストに対して贈られる賞です。

大賞は、「Heavy Cardboard」が受賞しました。

次点には、「So Very Wrong About Games」「The No Pun Included Podcast」が選ばれています。

 

アプリ部門(Best Board Game App)

大賞

スルー・ジ・エイジズ:ニュー・リーダーズ・アンド・ワンダーズ(Through the Ages - New Leaders & Wonders)

Through the Ages - New Leaders & Wonders

スルー・ジ・エイジズ:ニュー・リーダーズ・アンド・ワンダーズが大賞を受賞しました。

こちらは、「スルー・ジ・エイジズ - 新たなる文明の物語」の拡張セットのアプリ版です。

 

 

原題:Through the Ages: New Leaders and Wonders 作者:ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil) 発売年:2019年
時間:120分 年齢:10歳~
created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)

 

次点の2作品

次点には、北海の侵略者(Raiders of the North Sea)Twice As Cleverが選ばれています。

北海の侵略者は、2017年のドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム部門にノミネートしたワーカープレイスメントゲームです。

 

「Twice As Clever」は2018年にドイツ年間ゲーム大賞 エキスパートゲーム大賞にノミネートした「ガンツ・シェーン・クレバー」の続編です。

デザイナーは、ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)です。

 

関連記事天才ゲームデザイナー「ヴォルフガング・ウォルーシュ」の代表作

 

タイトル デザイナー
北海の侵略者(Raiders of the North Sea) シェム・フィリップス(Shem Phillips)
Twice As Clever ヴォルフガング・ウォルーシュ(Wolfgang Warsch)

 

2019年 ゴールデンギーク賞 受賞作まとめ

今回は2019年のゴールデンギーク賞の受賞作を部門別で紹介しました。

2019年はウイングスパンが全8部門で受賞しましたね。

次点には、注目すべきゲームが沢山登場していましたので、是非チェックしてみてくださいね。

 

ゴールデンギーク賞受賞作

 

スポンサーリンク
   
人気のボードゲームをチェック!
⬇ ⬇ ⬇
 
   
Amazonでボードゲームを買うなら、「Amazonチャージ」がお得です。
 
初回限定で、5000円以上のチャージすればもれなく1000ポイントもらえます。
 
また、1000ポイントがもらえるのは初回だけですが、2回目以降も最大 2.5% 分のポイントが貰えます
 
 
\初回限定 1000P キャンペーンはこちら/
   
\2回目以降のチャージはこちらから/
 
※支払いはコンビニ・ネットバンキング・ATMのみ。クレジットカードは対象外です。
 
 
プライム会員なら、さらにお得にチャージできます。
 
\30日間無料体験はこちらから/
 
プライムビデオやプライムミュージックも楽しみ放題!
 
※無料期間中でも解約できるので安心です
pinterestでのフォローはこちら!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告