おすすめ記事

 

2019年のドイツ年間ゲーム大賞は、以下のゲームが大賞を受賞しました。

    この記事では、上記の大賞受賞作はもちろん、各部門のノミネート作品と、惜しくもノミネートを逃したものの推薦リスト入りしたゲームも合わせて紹介します。
    なお、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)は、ドイツゲーム賞(Deutscher Spielepreis)とは、似て非なる賞です。
    2019年のドイツゲーム賞は「2019年ドイツゲーム賞の入選作品1位~10位とキッズ賞を一挙紹介」にまとめています。
    スポンサーリンク

    そもそもドイツ年間ゲーム大賞とは!?

    ドイツ年間ゲーム大賞 ポーン

    ドイツ年間ゲーム大賞は、大賞(赤ポーン)、子供ゲーム賞(青ポーン)、エキスパート賞(黒ポーン)の3部門があります。

    引用元:https://www.spiel-des-jahres.de/

    ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)は、ドイツの選考委員会によって毎年選ばれるボードゲームの賞です。ドイツ年間ゲーム大賞の歴史は古く、1979年から始まりました。この賞は、現在、数あるボードゲームの賞の中でも、最も権威のある賞といっても過言ではありません。

    ドイツ年間ゲーム大賞が始まって約20年の間は、通常の大賞のみで、その時々で特別賞が選ばれていました。しかし、ボードゲーム市場が活性化するに伴い、2001年にはキッズゲーム賞が、2011年からは、エキスパートゲーム賞が設立され、現在の3部門制となりました。それぞれの賞は、そのロゴマークから、大賞:赤ポーンキッズゲーム賞:青ポーンエキスパート賞:黒ポーンとも呼ばれています。

    ドイツ年間ゲーム大賞は、毎年5月頃、各部門で3作品ずつノミネート作品が発表されます。そして、6月~7月にその中から、大賞が選ばれます。ノミネートしなかったけれど、ノミネートの候補に残った作品は「推薦リスト入り作品」として発表されます。

    では、順番に各部門の大賞、ノミネート作品、推薦リスト入り作品を見ていきましょう。

     

    年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres, SDJ)

    大賞受賞作

    ジャスト・ワン(Just One)

    人とかぶらないようにヒントを出そう!

    ジャスト・ワン(Just One)は、決められたお題に対してみんなでヒントを出し、回答者が当てる協力型クイズゲームです。

    1人1つずつヒントを出せますが、他の人と重複してしまうと、そのヒントは回答者には見せられなくなってしまいます。

    他の人が出しそうなヒントを避けつつも、きちんと正解に近いヒントをひねり出しましょう。

    ヒントを出す側も当てる側も楽しいゲームで、サクサク遊べるのでとてもおすすめです。

    原題:Just One 作者:Ludovic Roudy & Bruno Sautter 発売年:2018年
    時間:20分 年齢:8歳~

     

    ノミネート作品

    ラマ(L.a.m.a.)

    クニツィア氏によるジレンマカードゲーム!

    ラマ(L.a.m.a.)は、1~6の数字とラマのカードを早く場に出し切ることを目指すカードゲームです。

    手番では、場に出ている数と同じ、または、そのひとつ上の数のカードを1枚のみ出すことができます。(出せない場合は1枚ドロー)

    誰かがすべてのカードを出し終えたとき、手札に残っている数字の合計がマイナス点となってしまいます。

    このゲームのポイントは、ラウンドの途中で降りてもよいという点にあります。

    すべて出し切るのか、見切りをつけて降りるのか、単純でありながら悩ましく、面白いゲームです。

     

    原題:L.a.m.a. 作者:Reiner Knizia 発売年:2019年
    時間:20分 年齢:8歳~

     

    ワーワーズ(Werewords)

    正体隠匿の言葉あてゲーム!

    ワーワーズ(Werewords)は、村人陣営と人狼陣営に分かれて行う、正体隠匿の言葉あてゲームです。

    各プレイヤーには市長、預言者、人狼、村人といった役職カードが配られ、プレイヤーは、市長に対して、はい/いいえで回答できる質問を行い、お題を当てます。

    各役職には勝利条件があり、言葉あてを行いつつも、自分の陣営が勝利するための行動をとっていくのが鍵となります。

    原題:Werworter 作者:Ted Alspach 発売年:2017年
    時間:15分 年齢:8歳~

     

    ゲーム大賞 推薦リスト入りゲーム一覧

    推薦リスト入り デザイナー
    ベルラッティ(Belratti) ミハエル・ロス(Michael Loth)
    ディズル(Dizzle) ラルフ・ツア・リンデ(Ralf zur Linde)
    イムホテップ:デュエル(Imhotep - Das Duell) フィル・ウォルカーハーディング(Phil Walker-Harding)
    うんちしたのだあれ?(Krasse Kacke) ジョナサン・ファブレ・ゴダル(Jonathan Favre-Godal)
    リーフ(Reef) エマーソン・マツウチ(Emerson Matsuuchi)
    シャーロック(Sherlock) フランシスコ・ガレゴ・アレドンド(Francisco Gallego Arredondo),

    マルティ・ルーカス・フェリオ(Martí Lucas Feliu),

    ジョセフ・イツキアド・サンチェス(Josep Izquierdo Sánchez)

     

    スポンサーリンク

    エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres, KDJ)

    大賞受賞作

    ウイングスパン(FLÜGELSCHLAG/WINGSPAN)

    170種類もの野鳥を呼び寄せよう!

    ウイングスパン(FLÜGELSCHLAG/WINGSPAN)は、野鳥愛好家となり、自分のエリアに鳥を呼び寄せて点数を競うゲームです。

    各プレイヤーは、手番でエサの獲得、産卵、鳥の獲得といったアクションを行い、自らのエリアに鳥を増やしていきます。

    鳥たちは特殊効果を持っており、相乗効果やコンボなどを考えることもできます。エキスパート賞を取るだけあって、何度も繰り返し遊びたくなります。

    また、鳥たちのイラストが美しいだけでなく、巣箱の形をしたダイスタワーや、タマゴのコマなど、コンポーネントがとてもかわいらしく、目でも楽しめる作品です。

     

    原題:FLÜGELSCHLAG 作者:Elizabeth Hargrave 発売年:2019年
    時間:45~75分 年齢:10歳~

     

    ノミネート作品

    ディテクティブ(Detective)

    推理小説の世界を体験できるゲーム!

    ディテクティブ(Detective)は、推理系のボードゲーム。ディテクティブは探偵のことです。

    ゲームを通して、まるで推理小説のように重厚なストーリーを体験することができます。

    残念ながら、2020年3月現在日本語版は出版されていませんが、今後の日本語版が期待される作品です。

     

    原題:Detective 作者:Przemysław Rymer, Ignacy Trzewiczek, Jakub Łapot 発売年:2018年
    時間:120~180分 年齢:16歳~

     

    カルペディエム(Carpe Diem)

    古代ローマに自分の都市を建てよう!

    カルペディエム(Carpe Diem)は、古代ローマを舞台に、自分の都市を作っていくタイル配置ゲームです。

    共通の場からタイルを獲得し、自分の場に並べていき、土地や家が完成するとボーナスがもらえます。

    デザイナーは、ブルゴーニュやノートルダムなどでおなじみのシュテファン・フェルトです。

    重ゲーのイメージが強いシュテファン・フェルト氏ですが、本作カルペディエムは、

     

    原題:Carpe Diem 作者:Stefan Feld 発売年:2018年
    時間:45~75分 年齢:10歳~

     

    エキスパートゲーム賞 推薦リスト入りゲーム一覧

    推薦リスト入り デザイナー
    西フランク王国の建築家(Architekten des Westfrankenreichs) シェム・フィリップス(Shem Phillips),

    SJマクドナルド(S J Macdonald)

    ローランド(Das tiefe Land) クラウディア・パルテンハイマー(Claudia Partenheimer),

    ラルフ・パルテンハイマー(Ralf Partenheimer)

    ニュートン(Newton) シモーネ・ルチアーニ(Simone Luciani),

    ネストーレ・マンゴーネ(Nestore Mangone)

    ペーパーテイルズ(Paper Tales) 上杉 真人(Masato Uesugi)

     

    キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres, KDJ)

    大賞受賞作

    バイキングの谷 (Tal der Wikinger)

    ボウリングのようにコマを倒す!
    バイキングの谷 (Tal der Wikinger)はボウリングのように玉を転がしコマを倒すアクションゲームです。
    倒れたコマの色のチップを動かしてコインを集めます。
    自分が動かしたいチップの色のコマを、倒しやすい位置に配置し、狙い通り倒せるかどうかが勝負の鍵です。

    原題:Tal der Wikinger 作者:Wilfried Fort, Marie Fort 発売年:2019年
    時間:30分 年齢:6歳~
    ノミネート作品

    ファブランティカ (Fabulantica)

    塔に隠れたキャラクターで神経衰弱!
    ファブランティカ (Fabulantica)は、塔に隠れたキャラクターを探す記憶力ゲームです。
    プレイヤーは旅をしながら、会いたがっている人を出会わせます。
    子どもと一緒に物語を楽しみながら遊びたいゲームです。

    原題:Fabulantica 作者:Marco Teubner 発売年:2019年
    時間:25分 年齢:6歳~

    ゴーゲッコゴー(Go Gecko Go!)

    おんぶOKのレースゲーム!
    ゴーゲッコゴー(Go Gecko Go!)は、動物のコマを用いて行うすごろくゲームです。
    ワニ、カメ、カエル、ヤモリの4種類の動物を早くゴールさせることを目指します。
    動物のコマをおんぶすることができますが、コースの途中にある高さ制限に注意しましょう!
    ギミックが面白いすごろくです。

    原題:Go Gecko Go! 作者:Jürgen Adams 発売年:2019年
    時間:20分 年齢:6歳~

     

    キッズゲーム大賞 推薦リスト入りゲーム一覧

    推薦リスト入り デザイナー
    農夫のなかま(Bauernhof-Bande) ジャスティン・リー(Justin Lee)
    コンセプト・キッズ(Concept Kids - Tiere) ガータン・ボージャノー(Gaëtan Beaujannot),

    アラン・リボレー(Alain Rivollet)

    マジックメイズ・キッズ(Magic Maze Kids) カスパー・ラップ(Kasper Lapp)
    モンスターマッチ(Monster Match) ケン・グルール(Ken Gruhl),

    クエンティン・ウェア(Quentin Weir)

    モンスター・バンデ(Monster-Bande) フローリアン・ビエージュ(Florian Biege)
    オクトパス(Octopus) グレゴリー・キルシュバウム(Grégory Kirszbaum),

    アレックス・サンダース(Alex Sanders)

    ぐらぐら岩のココナッツ(Voll verwackelt) ヴォルフガング・ディルシェル(Wolfgang Dirscherl),

    マンフレッド・ラインドル(Manfred Reindl)

    2019年ドイツ年間ゲーム大賞まとめ

    今回は、2019年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)、エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres, KDJ)、キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres, KDJ)の受賞作をまとめました。
    また、各部門の大賞だけでなく、ノミネート作品、推薦リスト入り作品も合わせて一挙に紹介しました。
    大賞のジャスト・ワン(Just One)、エキスパート賞のウイングスパン、キッズ賞のバイキングの谷はもちろん、ノミネート作品や推薦リスト入りしたゲームも面白い作品が揃っていますね。
    是非、気になったゲームで遊んでみてくださいね。

     

    2020年のドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作・推薦リスト入り作品はこちらで紹介しています。

    関連記事【2020年ドイツ年間ゲーム大賞】全部門のノミネート作、推薦リスト入り作品まとめ

     

    歴代のドイツ年間ゲーム大賞の受賞作はこちらに一覧でまとめています。

    関連記事ドイツ年間ゲーム大賞とは?歴代の受賞作一覧とともに解説!

    合わせて読みたい!

    合わせて読みたい!

    合わせて読みたい!

    過去の「ドイツ年間ゲーム大賞」の受賞作を振り返ってみましょう。歴代受賞作をまとめました。

    スポンサーリンク
       
    人気のボードゲームをチェック!
    ⬇ ⬇ ⬇
     
       
    Amazonでボードゲームを買うなら、「Amazonチャージ」がお得です。
     
    初回限定で、5000円以上のチャージすればもれなく1000ポイントもらえます。
     
    また、1000ポイントがもらえるのは初回だけですが、2回目以降も最大 2.5% 分のポイントが貰えます
     
     
    \初回限定 1000P キャンペーンはこちら/
       
    \2回目以降のチャージはこちらから/
     
    ※支払いはコンビニ・ネットバンキング・ATMのみ。クレジットカードは対象外です。
     
     
    プライム会員なら、さらにお得にチャージできます。
     
    \30日間無料体験はこちらから/
     
    プライムビデオやプライムミュージックも楽しみ放題!
     
    ※無料期間中でも解約できるので安心です
    pinterestでのフォローはこちら!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    広告